ポケット時刻表研究室

 主に都市近郊の駅の改札口などに置かれている、定期券サイズのポケット時刻表。 たいていの方は自宅や学校・職場の最寄り駅のものを中心に1枚ぐらいは持っておられるのではないでしょうか。
 私は、子供の頃から色んな駅を訪れるたびにポケット時刻表を収集してきました。 その駅を訪れた記念になるというのもありますが、後で見返すと結構会社ごと・駅ごとの個性があって なかなか面白いです。決して大きくない紙面にいかにして情報を見やすく格納するか、という 様式美のようなものを感じます。
 そこで、各地で収集したポケット時刻表を展示し、各駅・各会社ごとの特徴を調査してみることにしました。

ポケット時刻表分類学

 まずは、ポケット時刻表の体裁についての講釈を。

ポケット時刻表コレクション 関東編

その1(小田急・相鉄・東急・京王・東京メトロ)

その2(東武・西武・京急・京成・東京都交通局)

その3(JR東日本・横浜高速鉄道・横浜市交通局・埼玉新都市交通)

ポケット時刻表コレクション 関西編

その1(阪急・阪神・京阪)

その2(南海・近鉄・JR西日本)

その3(神戸高速・大阪市交・大阪モノレール・神戸市営・京都市交)

 各鉄道の発行するポケット時刻表を勝手に論評してみました。
 一部の画像を除き、画像をクリックすることで大きな画像がポップアップします。