JR各社の乗車サービス:えきねっと

 本ぺージでは、JR東日本が提供するオンライン列車予約サービスである「えきねっと」を紹介します。 なお、えきねっとはこの他に旅行商品や名産品のオンライン販売といったサービスもありますが、 こちらについては説明を割愛します。

目次

「えきねっと」の概要

 「えきねっと」は、パソコンや携帯電話・スマートフォン上から特急券の予約を行うことができるサービスです。 対象となるのはJRのほとんどの特急・急行・快速列車です(JR東日本の路線には限らない)。 ただし、寝台列車や一部の臨時列車は予約の対象外となっています。

えきねっとの基礎知識

ビューカード以外の一般カードでも登録可能

 えきねっと会員になるにはクレジットカードの登録が必要です。 ビューカードでなければならないなどの制約は特にありません。年会費や入会金なども不要です。

基本は紙の切符と同じ、変更は1回限り

 えきねっとは、本来窓口で行う予約をオンラインでできるというだけで、 基本的には紙の乗車券・特急券類の制度をそのまま引き継いでいます。 購入後の変更は1回までしかできない、という点も同じです。

JR東日本・北海道完結の区間は変更自由

 ただし、JR東日本・北海道内で完結する区間の特急券類(北陸新幹線の上越妙高〜金沢間を含む)については「えきねっと特典」が適用されます。 この特典が適用されていると、特急券類の変更が何回でも可能、 取消も発車直前まで320円(普通は発車前日以降の払い戻しは原券の30%の手数料が必要)となります。

東日本・北海道管内の券売機・窓口での受取り可能、西日本の一部駅でも

 本サービスでは、予約した特急券類を事前に受け取る必要があります。(後述する「えきねっとチケットレスサービス」「新幹線eチケットサービス」を除く) 受取りはJR東日本・北海道の指定席券売機・みどりの窓口のみで行えます。 東京駅や品川駅、新横浜駅など、JR東海の窓口や券売機が混ざっている駅では注意が必要です。
 なお、北陸新幹線開業を機に、JR西日本管内の北陸新幹線・北陸本線の主な駅でも受取が可能となりました。 ただし、JR西日本・北海道管内の窓口ではJR東海の区間を含む乗車券、特急券(東海道新幹線、「ひだ」の猪谷以南、「しらさぎ」の米原以東など) は受け取れませんので注意してください。

座席の細かな指定も可能

 JR東日本・北海道の新幹線や特急、および他社管内の多くの特急列車については、シートマップから任意の席を選択して予約することができます。 一方、東海道・山陽新幹線や臨時列車などについては「窓側」「通路側」「A列」といったレベルでの指定ができます。
 余談ですが、JR東日本の指定席券売機では、ほとんどのJR他社の特急券類についてもシートマップから席を選ぶことが可能です (「時刻検索から購入」ボタンから列車を選択した場合のみ:JR他社の券売機については未確認)。 どうしても座席にこだわりたい方はこちらを利用するといいでしょう。

繁忙期の強い味方、事前購入登録

 えきねっとには「事前購入登録」という制度があり、 特急券類の本来の発売日である1ヶ月前よりさらに1週間前から申し込みが可能で、 登録しておいた予約は発売日の午前10時に自動的に処理され、予約結果が通知されます。 この制度を使うとよっぽどのことが無い限りどんな列車でも予約が可能であり、 予約が殺到する盆暮れなどの繁忙期の列車の予約を確保するには非常に有効な手段となります。

えきねっとポイント

指定席券を買うとポイントが溜まる

 えきねっとで特急券類を購入すると、ポイントが溜まります。 JR東日本管内の列車だと一枚あたり30ポイント(有人窓口利用時は20ポイント)、他社列車は20ポイント(有人窓口利用時は10ポイント)です。 ポイントは翌年度末まで有効です。
 ポイントは金券類に交換することができ、例えば400ポイントでびゅう商品券1000円分がもらえます。

JREポイントへ変換可能

 えきねっとポイントはビューカード等と共通の「JREポイント」に変換できます。 当然ながら、えきねっと登録時にビューカードを登録した会員のみが対象となります。 ポイントの変換は、あらかじめ設定をしておくと自動的に行われます。

えきねっとトクだ値

 JR東日本・北海道管内の新幹線・主要特急列車を対象に「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」という割引があります。(「お先にトクだ値」は設定のない路線もあり) この割引はえきねっとを通じて乗車券と特急券を同時に購入したときにのみ適用されます。 なお、新幹線の場合は、後述する「新幹線eチケットサービス」を利用することが必須となります。

主な利用可能区間は「東京近郊〜それ以外の都市」

 「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」は、主に東京近郊の各駅から、 それ以外の地域の都市までの区間に設定されています。(仙台から盛岡方面の新幹線や、新潟発の「いなほ」など例外もあります) 購入期限は、「えきねっとトクだ値」は発車直前まで、「お先にトクだ値」は乗車日の13日前までとなっています。
 通常の特急券と違って、利用できる区間がかなり限られている他、 対象となる席数が限られていたり、 列車の種別が限られていたり(例えば東北新幹線の場合、東京〜仙台間で速達型の「はやぶさ」は利用できないなど) といった制約が多くなっています。
 割引額は、「えきねっとトクだ値」通常の料金から5〜15%、「お先にトクだ値」は25〜35%の割引となっています。 当然、乗客の少ない列車ほど割引率が高くなっています。 曜日による割引率の変動は特にありませんが、「お先にトクだ値」については盆暮れやゴールデンウィークなどの繁忙期には利用できない日があります。

受取り後の変更は不可

 えきねっとトクだ値で購入した特急券にも「えきねっと特典」が適用され、何度でも変更ができます。 ただし、一度窓口で特急券を引き取ってしまうと、以降の変更は一切できません (払い戻しは可能ですが、発売価格の割引率分の払戻手数料がかかります)。

特定市内制度は適用されない

 JRで大都市発の長距離(片道201km以上)乗車券を買うと、特定市内制度というものが適用され、東京都区内発を例にとると 「東京都区内のどの駅から乗車しても、運賃は東京駅を起点として計算する」という扱いになります。
 しかし、えきねっとトクだ値では特定市内制度は適用されません。 そのため、例えば新宿から東京を経て、新幹線で仙台まで行くようなケースでは、 新宿〜東京間の在来線の運賃を別途支払わなければなりません。

えきねっとチケットレスサービス

 「えきねっとチケットレスサービス」は、スマートフォンや携帯電話から一部列車の特急券を購入すると、 窓口での特急券受け取りが不要になるサービスで、特急料金も若干割り引かれます。 乗車券は含まれていないので、Suicaなどの乗車券を別途用意する必要があります。 車内での検札の際は、「購入完了メール」もしくは購入完了画面を提示します。なお、パソコンからは予約できません。

利用可能な列車は東京近郊の在来線特急

 「えきねっとチケットレスサービス」の対象となるのは、「成田エクスプレス」と高崎線の「あかぎ」「スワローあかぎ」、 常磐線の「ひたち」「ときわ」、中央線の「あずさ」「かいじ」、東海道線の「踊り子」「湘南」などです。 本サービス利用時は、特急料金が通常より割引となります。割引額は「成田エクスプレス」が200円、「あかぎ」が300円、 その他が100円です。 また、シートマップ上で好きな座席を選ぶこともできます。
 なお、えきねっとチケットレスサービスで購入した特急券にも、「えきねっと特典」が適用されます。

新幹線eチケットサービス

 新幹線eチケットサービスは、JR東日本・北海道管内の新幹線の乗車券・特急券を窓口等で受け取る代わりに、 事前登録しておいた交通系ICカード(モバイルSuicaも含む)で改札を通過できるというサービスです。 エクスプレス予約と異なり、人数分のICカードを事前登録しておけば、複数人分の予約をまとめて行うこともできます。 当然ながら他社管内の東海道・山陽・九州の各新幹線は利用できません。
 運賃・料金は、紙の切符に比べて一律200円引きです。「はやぶさ」「かがやき」「はやて」とその他の列車間の料金差や、繁忙期・閑散期の料金変動も適用されます。 また、エクスプレス予約の「EX予約サービス」と同じく、特定市内制度や在来線特急との乗継割引は適用されません。