小ネタ集(2007年:その1)

 これまでの鉄道乗車記録のうち、旅行記にならなっかった小規模のものをまとめる。ここでは2007年分を紹介。

目次

2007/3/10

 この時は、18きっぷを利用して長らく乗車していなかった吾妻線に乗り、 軽井沢を経由しつつバスで横川の鉄道文化むらを訪問した。

■ 新宿〜高崎〜万座・鹿沢口

 新宿から、湘南新宿ラインで高崎に向かう。 最近、青春18きっぷでも普通車の自由席を利用できるようになったので (当然、グリーン料金は必要だが)グリーン車に乗る。高崎まで乗っても休日なら750円なので安い。
 高崎からは115系の普通列車で吾妻線を目指す。明るい時間に乗るのは実は初めてだ。 山深い路線だが、険しい断崖絶壁のようなところは案外少ない。 途中、川原湯温泉付近は将来ダム建設で水没することになっているが、まだそれらしい工事が行われている様子はなかった。


高崎以北の路線で活躍する115系。

■ 万座・鹿沢口〜軽井〜横川

 万座・鹿沢口で吾妻線を下車し、バスで軽井沢に向かう。途中には西武グループの経営する鬼押し出しという景勝地があり、 バスも途中で休憩のためしばらく停車する。せっかくなので奇岩を写真に収めてみる。 車内からは雄大な浅間山が間近に見えた。
 軽井沢に到着し、今度は信越本線の「横軽」区間の代替バスに乗車する。 バスを待つ間、駅の構内を見ると横川方面への線路や架線柱がまだ残っていた。
 空いていた先ほどのバスとは違い、席が全て埋まるほどの盛況だった。バスは軽井沢の町を抜けると、しばらく上り坂を登る。 坂を上りきると碓氷峠で、ここからは急坂を転がるように下っていく。 横軽区間がいかに地形的に険しいかが良く分かった。


奇岩の並ぶ鬼押し出しの風景。

■ 横川鉄道文化むら

 旅の締めくくりとして、横川鉄道文化むらを見学した。訪問するのは初めてだ。 予備知識としては、EF63の体験運転ができたり、廃線跡を活用したトロッコなどがあるのは知っていたが、 それ以外はたいした展示物などないだろうと思っていたので、小一時間見学して帰るつもりだった。
 が、実際見てみると見るべき物の多さに圧倒された。入り口付近に子供用の遊具があるのはご愛嬌として、 元の横川機関区の建物には昔の時刻表や記念切符、資料などが多数あり、見ごたえがあった。 そして、さらに奥に進むと保存車両が多数置かれていた。これらの車両は実際に立ち入って中を観察することができ、 往年の車両で旅をしたような気分を味わえた。

 こちらは初の軽量車体である10系客車の車内だ。後の急行型車両と似た造りとなっている。 車内には現役当時のポスターも残り、「国鉄」の文字も見られた。 他にも10系寝台車もあった。こちらは最近なかなかお目にかからない3段寝台で、何とも狭苦しそうだった。


新型客車の先駆けともいえる存在の10系。

 こちらは終戦直後に木造客車を改造した60系客車だ。座席は背もたれが板張りで、時代を感じさせる。 床も板張りとなっている。


上記の10系に比べて木造の内装が目立つ60系。

 こちらは通勤型気動車であるキハ30だが、非常に珍しいステンレス車体試作車となっている。 この他にも、貴重な車両を多数見て歩いたが、紹介しているときりがないので省略する。
 結局、予想以上に長い時間園内を見て回っていたため、帰りの列車を当初の予定より一本遅らせて帰路についたのだった。


国鉄ではほとんど例のないステンレス車体のキハ30。

2007/3/21

この日は、京葉線、内房線を経由して房総半島南部の浜金谷へ行き、東京湾フェリーで久里浜まで行ってみた。

■ 東京〜蘇我〜千葉

 まず、東京駅から京葉線に乗る。やってきたのは京葉線では見慣れない、E231系のような新型車両だ。 この車両はE331系といい、通勤車両としては珍しい連接構造となっているなど、試作的要素の強い車両で、 この月から走り始めたばかりの車両だ。そんな珍しい車両に新浦安まで乗車した。 ちなみにこの車両、この数日後に車両の不具合が見つかったそうで運転休止となり、2008年3月時点でもまだ復帰していない。 そんな訳で、期せずして貴重な乗車体験となった。


なかなかその姿を目にする機会のないE331系。

■ 千葉〜浜金谷

 蘇我駅に到着後、一旦千葉駅に行き昼食を購入する。購入したのは「魚いちば」という期間限定の駅弁だ。 駅弁としては珍しく生魚がふんだんに使われている。桜の葉に包まっているのは桜餅ではなく、これもお寿司だった。


千葉駅の限定駅弁「魚いちば」。

 千葉から内房線の列車に乗る。木更津までは住宅や工場が続くが、単線区間となる君津より先は急速に鄙びてきた。 途中駅はどれも昔ながらの木造駅舎で、自動改札ではなく駅員が手で改札をしている。 やがて、車窓には海も見えてきた。東京からさほど離れていないが、一気に旅気分が出てくる。


車窓から見える東京湾。

■ 浜金谷〜久里浜

 浜金谷駅からしばらく歩くと、東京湾フェリーの乗り場が見えてきた。ちなみに、浜金谷の町は古い家並みが良く残っており、 フェリーの乗り継ぎ時間に余裕があればゆっくり散策してみたいと思った。
 フェリーの切符を買い乗船すると、程なく出航した。この日は天気も良く、船内は観光客で賑わっていた。 デッキに出てみると、独特な形をしている鋸山がよく見えた。
 一時間ほどの航海で久里浜港に着き、バスと横須賀線を乗り継いで帰宅した。


フェリーのデッキからは鋸山がよく見える。

2007/8/4

 この年はJR発足20周年ということで各社でイベントを実施していたが、 JR東日本では「新幹線スタンプラリー」というのをやっていた。 東日本の新幹線各駅が首都圏・東北・上越・長野・山形・秋田のエリアに分けられ、 6エリアすべてのスタンプを集めるとグッズがもらえるというものだ。 今年の夏休みは北海道に旅行する予定だったため、 行きに列車を利用することで首都圏・東北・山形・秋田の各エリアのスタンプを集めることが可能だ。 そこで、18きっぷを利用しつつ残る上越・長野エリアのスタンプを集めに行った。

■ 高尾〜小淵沢〜佐久平

 高尾から、松本行き普通列車に乗る。早朝というのに列車は混んでいて、 何とかドア横のロングシートを確保するのが精一杯だった。 車内は、大きな荷物を抱えた若者が多い。合宿にでも行くのだろうか。 それでも、大月あたりを過ぎると混雑も落ち着いてきて、 無事ボックスシートに座れた。

 小淵沢に着き、今度は小海線に乗る。こっちは普通列車から乗り継ぐ人は少なく席は確保できたが、 後続の特急列車から続々と人が乗り換えてきて混雑してきた。 列車は深い森の中をぐいぐい登り、清里に到着。予想通り、ここで一気に客が減る。 次の駅の野辺山は日本一標高が高い駅として知られる。行き違いのためしばらく停車するので、駅名標を撮影してみる。 また、この駅で新型のハイブリッド車両とすれちがった。


日本最高所の駅・野辺山。

 野辺山からしばらくは高原野菜を作る畑の間を進む。まるで北海道のような、本州離れした車窓だ。 その後、細い渓流沿いを下っていき、中込に着く。この列車は臨時列車のため、中込で定期列車に乗り換えて佐久平に向かう。


高原野菜の畑が続き、日本離れした風景が広がる。

■ 佐久平〜高崎

 佐久平からは長野新幹線で高崎へ向かう。この前、バスでえっちらおっちら越えた横軽を、新幹線はいとも簡単に越えていく。 佐久平と高崎でスタンプを集め、所期の目的を果たした。


E2系「あさま」で高崎を目指す。

■ 高崎〜大宮〜内宿

 高崎から普通列車のグリーン車に乗り大宮へ戻る。 まだ昼過ぎと時間があるので、前から気になっていたニューシャトルに乗車してみることにした。 暑い中、新幹線の高架下にあるニューシャトルのホームで列車を待つ。 運転間隔は15分とやや長い。ここのホームはループ線の途中にあり、 内宿方から来た列車は折り返さずに内宿へと戻っていく。何だか遊園地の乗り物のようだ。
 やってきた列車は新交通システムらしく車体が小さい。冷房装置は床置きの簡易なもので、利きがやや悪かった。 大宮を出ると、JR大宮工場や開館準備中の鉄道博物館の脇を抜ける。鉄道博物館前には新駅ができるようだ。 列車は上越新幹線沿いにどんどん北上する。南行きの線路は新幹線をはさんで反対側にあるようで、見えない。
 やがて、上越新幹線と東北新幹線が分岐するのだが、その分岐地点にニューシャトルの車庫、そして丸山駅がある。 丸山駅から先は何と単線となり、さらに北上する。大宮では立ち客もいた車内だが、すっかりがらがらとなって終点の内宿に到着。 内宿は住宅街が広がる静かな所だった。

2007/8/9

 この日は18きっぷを使って関西へ帰省した。帰省のついでに、 「スルッとKANSAI 2DAYパス」を使ってまだ乗車していない関西の各路線に乗ってみることにした。

■ 新横浜〜浜松〜大垣〜米原〜三ノ宮

 まず、新幹線で浜松に向かう。本当は横浜から早朝の静岡行き普通列車(373系で運転)に乗り、静岡〜浜松間のみ 新幹線を使うつもりだったが、寝坊してしまい結局浜松まで新幹線に乗った。
 浜松からは大垣行き新快速、大垣からは普通列車、米原から新快速と列車を乗り継ぐ。 こうやって普通列車で移動をするのは何度目だろうか。


浜松駅で買った「しらす弁当」。

■ 三宮〜神戸空港〜関西空港

 三宮から、ポートライナーに乗車する。先頃神戸空港が開港し、 ポートライナーも延伸されたので延伸区間に乗るためにやってきた。 ポートライナーに乗るのは小学校の時以来なので実に15年ぶりだ。
 お盆だからか、空港に行く人が多いようで客が多い。 三宮の町を抜け、海を渡ってポートアイランドに入る。 団地街を過ぎ、市民広場駅から新規路線に入る。空き地の目立つ埋立地を進み、 長い橋で海を越えると空港島に入り、神戸空港駅に到着。


ポートライナーは神戸空港まで足を伸ばすようになった。

 神戸空港では時間が余ったので、空港ターミナルを観察する。 予算を節約したためか施設は最低限のものしかなく、 あまり見るべきものはない。
 しばらく待って、やや離れたフェリー乗り場に向かう。 ここからは海を挟んだ関西空港に向かう高速船が出ている。高速船はさすがにかなりのスピードだったが、 その分揺れもすごく、窓ガラスには水しぶきが絶え間なく掛かっていた。


関空と神戸空港を結ぶ高速船。夏休みだというのに空いていた。

■ 関西空港〜天王寺〜住吉〜南霞町/恵比須町〜南森町〜東梅田

 関西空港に来るのも随分久しぶりだ。この日は18きっぷを持っていたので、関空快速で天王寺に出る。 この列車がえらく混んでいて、関西空港を出た時点で既に席が埋まり、立ち客多数で天王寺に着いた。

 天王寺の駅を出て、阪堺電車の乗り場に向かう。 阪堺電車は大阪に唯一残った路面電車だが、乗るのは初めてだ。 しばらく待つと、オレンジ色の路面電車がやってきた。 そろそろ帰宅ラッシュの時間だが、車内はあまり混んでいなかった。
 天王寺を出ると、まずは交通量の多い道路を進む。 横は阿倍野の商店街となっていて、人が多い。列車は一度専用軌道に入った後、 再び併用軌道に戻る。この道は非常に狭く、線路部分以外の幅は車一台分ぐらいしかない。 このあたりは高級住宅街として知られる帝塚山だ。


オレンジ色の車体が特徴の阪堺電車。

 さらに進むと、住吉駅に着く。ここは、これまで乗ってきた上町線と阪堺線の乗換駅である。 また、有名な住吉大社にも近い。 せっかくなので住吉大社に行ってみた。境内には大きな太鼓橋がある。 ここを歩いてみたのだが、途中思い切り転んでしまった。
 住吉からは、恵美須町行に乗る。列車はしばらく併用軌道を走る。先程と同じく、道幅は狭い。 電車から1m程の所に民家の玄関が見える。東玉出からは専用軌道となる。 このあたりは西成のドヤ街にも近いのだが、 停車する駅のホームは非常に静かで、かえって不気味だ。環状線との乗換駅である南霞町で下車。
 南霞町はJR新今宮駅に程近い。採算が取れずに閉鎖となってしまったフェスティバルゲートを通り過ぎると、 大阪に住んでいながら今まで来たことすらなかった通天閣にたどり着く。 通天閣の周囲の、新世界と呼ばれるエリアを歩いて恵比寿町まで行き、地下鉄で梅田へと戻った。


住吉大社の太鼓橋。

2007/8/10

 この日は昨日に続いて「スルッとKANSAI 2DAYパス」を使用し、大阪府内の各路線をめぐった。

■ 大阪空港〜万博記念公園〜彩都西〜万博記念公園〜南茨木

 大阪モノレールの起点である大阪空港へやってきた。 今日はまず、大阪モノレールの支線である彩都線に乗ろうと思う。 蛍池までは住宅街を縫うように走り、蛍池からは中央環状線や中国道の上を進む。 千里丘陵は意外に勾配が急で、千里中央目指して勾配をどんどん登っていく。 千里中央からは一転して下りとなり、万博記念公園に着く。目の前には太陽の塔も見える。
 ここからいよいよ彩都線に乗車する。昼間は20分に一本しか列車はない。 Jリーグの試合も行われる万博競技場の脇を過ぎ、豊川駅付近で国道171号線を跨ぐと、 目の前に北摂山地が迫ってきた。勾配を上りつつ、新たに切り開かれた住宅地を進むと、 終点の彩都西に到着する。昼間だというのに、駅周辺に人は少ない。 まだまだ開発はこれから、といったところか。
 大阪モノレールのうち、大阪空港から門真市までの本線は随分前に乗ったので、 大阪モノレール全線をこれで乗りつぶしたことになる。


大阪モノレールの車両は、運転台上についているパトランプが特徴。

■ 南茨木〜梅田〜本町〜コスモスクエア〜トレードセンター前〜住之江公園〜西梅田

 その後、南茨木を経由して梅田へと出た。 次は、いまだ乗車したことのない地下鉄中央線・ニュートラムの末端部に乗ろうと思う。 中央線の大阪港からニュートラムの中ふ頭までの区間は、元々OTSという大阪市の3セク鉄道として開通した。 従来の大阪市交とは別会社になることから、市内からの運賃が高く不評であったが、 その後大阪市交に吸収されて今に至っている。
 御堂筋線で本町に出て、中央線に乗る。中央線に乗るのは高校生の頃、 近鉄東大阪線経由で奈良から帰ってきた時以来だ。 列車は阿波座を過ぎると、地下鉄でありながら高架線を走る。 この辺は埋立地で地盤が弱いせいらしい。線路は並行する阪神高速と絡み合うように引かれており、 独特の眺めが続く。かつての終点である大阪港を過ぎると、今度はまたもトンネルを進む。 長いトンネルを抜け、コスモスクエアに到着。
 コスモスクエアからはニュートラムに乗る。次のトレードセンター前駅は、 ATCと呼ばれる臨海再開発エリアの最寄り駅だ。ATCには10年以上前に来たことがあるが、折角なので再訪してみた。 ATCは思うように開発が進んでないことが報じられており、折角作った立派なビルにも空きテナントが目立った。
 再びニュートラムに乗り、住之江公園を目指す。中ふ頭から先は昔から開発が進んでおり、 団地なども目立った。住之江公園で四つ橋線に乗り換え、梅田に戻った。


小ぶりな車体のニュートラム。

2007/8/12

 この日は新幹線スタンプラリーのうち、残る首都圏・東北・山形・秋田の各エリアを集めつつ北海道へと向かった。 が、その日は盆の帰省ラッシュのさなかで、行きの新幹線は軒並み満席で全く予約が取れないという有様であった。
 えきねっとで何度も空席を確認した結果、直前になって辛うじて席を確保できたものの、 帰省ラッシュに見事に巻き込まれたのであった。

■ 東京〜新庄

 東京駅は早朝というのにすごい人である。これから、つばさ号の新庄行きで北へと向かう。 山形新幹線といえば普段から混雑していることで有名な路線であり、指定席をとるのは困難を極めた。 それでも何とか予約した臨時のつばさ号(やまびこ号との連結なし)に乗り込む。 もちろん、東京駅で首都圏エリアのスタンプは押してきた。

 列車は東京を出て、上野、大宮でさらに客を乗せる。大宮出発時点で、当然ながら指定席車内は満席となる。 結局、山形まではずっと車内は満席であった。
 山形を出ると車内もようやく落ち着いたので、車内販売から駅弁を買う。珍しい車内販売限定の弁当だそうだ。 米沢駅の業者が作っているそうで、米沢牛ハンバーグが入っている。弁当を食べながら農村地帯が続く車窓を見ていると、 ようやく旅気分が出てくる。東京から4時間近くかけて、ようやく新庄に着く。


山形新幹線車内限定の駅弁「はらくっち」。

■ 新庄〜大曲

 新庄ではしばらく待ち時間がある。が、今度の普通列車が混雑するであろうことが容易に想像できるため、 スタンプを押した後すぐにホームで列車を待つ。しばらくすると、列車が入線してきた。予想通り701系2連だった。
 列車に乗り込んで発車を待つうち、次々につばさ号からの乗り継ぎ客がやってきた。 結局、ちょっとしたラッシュ時のような状態で新庄を発車した。 ロングシート、しかもこのような混雑では車窓を楽しんでいる場合ではない。
 すぐに空くことを期待していたのだが、真室川を過ぎても車内の状況はあまり変わらない。 ここから先は山形と秋田の県境で無人地帯が続くため、 ここを超える人は少ないと思っていたが、意外だった。

 結局、峠を越えた湯沢で大量の下車があり、一気に車内が空いた。途中、横手で先日引退したキハ52+「風っこ」という 変わった臨時列車を見かけた。北上線の臨時列車のようだったが、キハ52最後のご奉公といったところか。


引退間近となった盛岡地区のキハ52。

■ 大曲〜盛岡〜八戸

 大曲では乗り換え時間が少ないので、慌ててスタンプを押しつつ乗り換える。 乗車したこまち号は、上り列車とあってあまり混んでいなかった。 盛岡に到着し、東北エリアのスタンプを押して全てのスタンプを集め終えた。盛岡からのはやて号も混んでおらず、 ゆったり駅弁を食べながら八戸へ向かった。

 盛岡駅で購入した弁当は「鈴鐘万頃」と書いて「ちゃぐちゃぐばんけい」と読む。(読めない・・・) 岩手の観光協会プロデュースで、中には印刷された厚紙が入っていて、切り取って組み立てるとお祭りのジオラマができるそうだ。 (一応持ち帰ったものの試してはいない)


盛岡駅で購入した「鈴鐘万頃」。

■ 八戸〜函館

 八戸駅では時間が余っていたが、これから乗る白鳥号の自由席がまた混みそうなので、早めに並んでおく。 ホームで先発の臨時「つがる」号を見送る。車両は485系3000番台だった。八戸まで来るとさすがに涼しく、 昼間の屋外にずっといてもそんなに辛くはない。


新車と見間違うぐらいに改造された485系。北海道にも足を伸ばす。

 しばらく待ち、白鳥号の自由席に乗り込む。予想通り、発車する頃にはデッキに立つ人も出た。 八戸から北上して三沢、野辺地と停車し、 陸奥湾沿いに走る。そういえば、海を見るのは今日の行程では初めてだった。
 列車は青森に到着。降りる人も多いが乗る人も多く、 車内は軒並み座席が埋まる。このあたりは以前乗車したときと変わらない。人が多いのもさることながら、 この日は子供連れが終始多くて落ち着かなかった。やはり混む時期に鉄道旅行などするものではない。
 夕暮れが迫る中、列車はさらに北へと進み、青函トンネルに突入。木古内を過ぎ単線の江差線を行く。 そういえば、江差線内ではいきなりトンネルの中で停車し驚いた。江差線は輸送力増強のためかなり無理やり信号所を設けたようで、 半分トンネルになっている信号所があるのだった。すっかり日の暮れた函館駅に着き、今夜の宿へと向かう。


北海道と本州を結ぶ789系「スーパー白鳥」。

2007/8/13

■ 函館〜南千歳〜新千歳空港

 翌朝、函館駅に向かうと何故か力士が大量に駅にいた。 どうやら大相撲の巡業の移動中のようで、「スーパー白鳥」で本州へ向かっていった。 こちらは、「スーパー北斗」に乗って新千歳へと向かう。


ブルーの前面が目立つキハ281「スーパー北斗」。

 函館駅では「北の家族」という駅弁を買い朝食とする。函館らしく海産物を中心とした幕の内弁当だった。


函館駅「北の家族」。

 函館からスーパー北斗に乗るのはもう何度目かだが、途中の車窓はとにかく見所が多い。大沼小沼、駒ケ岳、噴火湾、 有珠山・・・。東室蘭から苫小牧のあたりは市街地が続くが、苫小牧から千歳までは無人の平原をいく。 こんな光景も北海道ならではだ。
 スーパー北斗号のキハ281では、先頭の貫通路から前面展望が楽しめる。 写真のような、どこまでも直線が続くいかにも北海道らしい光景にも出会える。スピードも最高時速130kmとあってスリル抜群だ。 普通の車窓に飽きたらぜひどうぞ。


キハ281の貫通路からの眺め。